浜松調理菓子専門学校同窓会(浜調同窓会)

浜松調理菓子専門学校同窓会のホームページにようこそ!

規約

名称

第1条
本会は、浜松調理菓子専門学校同窓会という。

所在地

第2条
本会は、事務所を浜松調理菓子専門学校(以下「母校」という。)におく。

目的

第3条
本会は、母校の卒業生を対象とし、会員相互の親睦を深めつつ資質の向上を図り、母校の発展に寄与し、地域社会および食育に貢献することを目的とする。

事業

第4条
前項の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 母校と会員及び会員相互の親睦を図るための事業
  2. 会員の技術の向上と幅広い知識の取得のための事業
  3. 会員情報の管理と整備
  4. 在校生に対する精神的、物質的な援助
  5. 母校の発展に寄与するため行う事業に対する協力
  6. その他目的達成のために必要な事業

会員

会員構成

第5条
本会は次の会員をもって組織する。
  1. 正会員・名誉会員
  2. 正会員とは、母校を卒業した者及び教職員(講師)であった者で、同窓会の目的に賛同し入会の手続きを完了した者とする。
  3. 名誉会員とは、本会又は母校に功労のあった者で、役員会において推薦され総会で承認された者とする。

会費

第6条
会員は別に定める会費を納入しなければならない。

入会

第7条
本会に入会しようとする者は、理事会の承認を得るものとする。

退会

第8条
会員の死亡したときは退会したものとみなす。
第9条
会員本人若しくは家族の退会届提出を以って退会したものとみなす。

除名

第10条
会員が本会の目的に反し、又は本会の秩序を著しく乱した時は、総会において会員の4分の3以上の議決により、これを除名することができる。

拠出金品の不返還

第11条
退会し、又は除名された会員が既に納入した会費その他の拠出金品は、返還しない。

役員

種別

第12条
本会に次の役員を置く。
  1. 顧問
  2. 会長 1名
  3. 副会長 3名
  4. 理事 若干名(会長、副会長を含む)
  5. 監事 2名
  6. 事務局 若干名(会計を含む)

選任

第13条
役員は、本会の会員のなかから、以下の方法により選出する。
  1. 理事は総会において選任する。
  2. 会長、副会長は、理事の互選にて選任し、総会にて承認する。
  3. 監事、顧問は会長が推薦し総会にて承認する。
  4. 事務局は浜松調理菓子専門学校校長が選任する。
  5. 理事及び監事は、相互に兼ねることが出来ない。

職務

第14条
役員の職務及び権限は、次のとおりとする。
  1. 会長は会務を総括し、本会を代表する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。
  3. 理事は理事会を構成し、会務の執行を決定する。
  4. 会長、副会長は、幹部会を構成し、緊急の場合にはその決議をもって、総会および理事会の決議にかえることができる。
  5. 幹部会は、会長、副会長、事務局長をもって構成する。
  6. 監事は本会の経理を監査する。
  7. 事務局は本会の事務を所管する。

任期

第15条の
 
  1. 役員の任期は2年とし再任を防げない。
  2. 補充により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  3. 役員は、任期が満了しても後任が選任されるまではその任にあたるものとする。

解任

第16条
役員に役員としてふさわしくない行為があったときは、総会の議決により解任することが出来る。

会議

種別

第17条
本会の会議は総会、理事会とし、総会は通常総会及び臨時総会とする。

構成

第18条の
 
  1. 総会は正会員をもって構成する。
  2. 理事会は理事をもって構成する。

権能

第19条の
 
  1. 総会は、この定款に別に規定するもののほか、次の事項を議決する。
    • 事業報告及び決算、監査報告の承認
    • 事業計画及び予算案の決定
    • 会則変更の決議
    • その他、この会の運営に関する重要な事項
  2. 理事会は、この定款に別に規定するもののほか、次の事項を議決する。
    • 総会の議決した事項の執行に関すること。
    • 総会に附議すべき事項
    • その他、総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

開催

第20条の
 
  1. 通常総会は毎年1回春季に開催する。
  2. 臨時総会は、理事会が必要と認めたとき、または総会員の3分の1以上、若しくは監事から会議の目的たる事項を示して請求があったとき開催する。
  3. 理事会は会長が必要と認めたとき、又は理事の2分の1以上から会議の目的たる事項を示して請求があったとき開催する。

召集

第21条の
 
  1. 会議は会長が召集する。
  2. 総会を招集するには、会員に対し、会議の目的たる事項及びその内容・日時・場所を示して、開催の日の10日前までに文書をもって通知しなければならない。

議長

第22条
総会及び理事会の議長は、会長がこれにあたる。

定足数

第23条
会議は、総会、理事会とも出席者を以って開催する。

議決

第24条
 
  1. 総会の議事は、この定款に別に規定するもの以外は、出席会員の過半数の同意をもって決するが、議長は議決に加わる権利を有しない。
  2. 可否同数のときは、議長の決するところにより決定する。
  3. 理事会の議事は、出席理事(正副会長を含む)の過半数の同意をもって決する。

資産及び会計

資産の構成

第25条
この会の資産は次に掲げるものをもって構成する。
  1. 会費
  2. 寄付金品
  3. 事業に伴う収入
  4. 資産から生ずる収入
  5. その他の収入

資産の管理

第26条
資産は会長の指示の下会計が管理し、その方法は理事会の議決により定める。

経費の支弁

第27条
この会の経費は資産をもって支弁する。

予算及び決算

第28条
この会の収支予算は、総会の議決により定め、収支決算は年度終了後2箇月以内にその年度末の財産目録とともに、監事の監査を経て、総会の承認を得なければならない。

会計年度

第29条
この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

定款の変更及び解散

定款の変更

第30条
この定款は、総会において出席会員の4分の3以上の同意を得なければ変更することができない。

解散及び残余財産の処分

第31条
総会の議決に基づいて解散する場合は、出席会員の4分の3以上の同意を得なければならない。

附則

 
この会則は、平成28年6月19日から施行する。

内規

1、会費
正会員 - 終身会費:3,000円
名誉会員 - 終身会費:無料
2、入会方法
  • 卒業者は事務局を通じ本会の趣旨を説明し、入会の勧誘をする。
  • 在校生は卒業までに担任を通じ本会の趣旨を説明し、入会の勧誘をする。
  • 新入生は本会の趣旨を説明し、入学時に入学金と共に会費を徴収する。
3、内規の変更
内規は理事会において見直し、変更することができる。

平成26年9月6日作成