中国料理
CHINESE FOOD
今や中国料理は、外国の料理という認識がつい薄らぐほど、日本の食卓にすっかり溶け込んでいます。医食同源、不老長寿の発想から生まれたその味わいが、日本人に好まれ、長く親しまれてきたからでしょう。実習では中国料理の歴史にも触れながら、特徴的な調理器具、特殊材料、特殊技法について段階的に学んでいきます。
用具や様式のシンプルさとは逆に、食材やメニューのバリエーションの豊かさに魅了されることでしょう。
SATORU OKABE
ホテルクラウンパレス浜松「鳳凰」料理長 / (公社)日本中国料理協会 東海地区本部 本部長 / 全日本薬膳食医情報協会 理事 / 高級栄養薬膳師

中国料理は何と言っても長い歴史と広大な国土から生まれた大陸の料理であり、中国料理を食べていると人間関係・家族の和が保てる、そんな温かさと底力を秘めています。あまり型にはまらず、ルールにとらわれない料理であることから、自分のアイディアやアレンジの余地が大きいのも魅力です。
お問い合わせ資料のご請求
オープンキャンパスお申し込み卒業生の皆様へお問い合わせ
願書ダウンロード入学願書自己推薦書AO入試エントリーシート
ご案内よくある質問大学・短大生・社会人の方へ採用担当者様へ
学生へ学校感染症治癒通知書
TOP